ジェットコースタープリズン


f:id:nmrozk:20160307133011j:image

 

ジェットコースターが苦手だ。

あんな物に乗る人の気が知れないし、あんな物が世の中のエンターテインメントとして堂々と存在している意味が分からない。

身動きの取れない狭い乗り物に乗せられ、体を支える物といったらあんな手の力で簡単に降ろせるようなやわやわのバーか、車のシートベルトにも劣るであろう男子中学生御用達のズボンベルトのようなよく分からないベロベロの生地のベルトのみである。PIKOのTシャツがよく似合いそうなベルトのみなのである。そんな物で全長約1000メートルの距離を時速100~120km程のスピードで駆け抜け、時には60ないし70メートルの高さから何度も落下する。傾斜角度は70~90度。日本一怖いとされる富士急ハイランドの「ええじゃないか」の最高時速は126km、最高高度76m、最大傾斜角89度、コース全長1153m、回転数14回という現代の拷問器具としか思えないようなスペックぶりに加え、足の踏ん張り所がないという鬼仕様。世界最速のアラブのジェットコースターに至っては最高時速が240kmもある。これは地上最速の速さを誇るチーターの時速120kmの倍であり、体感速度でいうと60階建てのビルの頂上から飛び降りた時のそれと同等である。飛び降りてから約8秒で地面に到達し、関東の人でいうとサンシャイン60、関西の人でいうと南港のワールドトレードセンタービル、あまりピンとこない人でいうと自由の女神の高さが93m(台含む)なのでそれの2個半分。その高さから飛び降りた時と同じ速度でジェットコースターは駆け抜け落ちていく。頭おかしいんじゃないの。

 

そんな恐ろしいマシンに乗り込みチャチなベルトに身を預け、100%生きて帰ってこれると思い込んでいるのもまた信じられない。列に並び「落ちる瞬間バンザイしようぜー」とかウェイウェイ盛り上がってる人達はそれが最後の1枚になるかもしれない等という考えは1mmも存在しないのだろうか。あんなPIKOによく似合うベルトに全信頼を寄せているのだろうか。ベルトが千切れる可能性だとかバックドロップした勢いでベルトが外れて投げ出され頭から地面に叩きつけられる恐怖とかレールが途中で脱線したりネジが飛んだりバキっと折れたりしないかだとか、バイトの操作の子がサイコパスでとんでもないボタンを押して大量殺戮を図ったりしてしまうかもしれない可能性は頭をかすめもしないのだろうか。それが起こらない可能性なんて誰がどう証明してくれるのか。それにマシンに身を預けたら最後、何があっても終わるまでは降りられない。逃げられない。その恐ろしさをよく考えてみてほしい。

例えば君が友達以上恋人未満のいい感じの異性(幼馴染)とジェットコースターに乗ることになったとしよう。君が男ならば強い所を、女ならばキャーキャー言って守ってあげたい系女子を演出しジェットコースターの吊橋効果でその距離をぐっと縮めようと目論んでいる。しかし列が進むにつれ(え、これってこんなに高い所だったの?)と予想以上の高さに恐怖心が一気に増し後悔し逃げたくなったとしても面目もある以上おいそれと列から外れる事はできない。そして迫りくるジェットコースターの恐怖から逃れる事もできない。おっと普段ジェットコースターが得意な君も油断はできない。

 

  • 友達以上恋人未満のいい感じの異性(幼馴染)とジェットコースターに乗る→突然迫りくる便意→逃れられない→BAD END

 

  • 友達以上恋人未満のいい感じの異性(幼馴染)とジェットコースターに乗る→突然全身黒ずくめのおっさん2人組が無表情で後ろに乗り込んでくる→逃れられない→NEXT CONAN‘S HINT

 

  • 友達以上恋人未満のいい感じの異性(幼馴染)とジェットコースターに乗る→巧妙に張り巡らされたトリックとワイヤーで目の前のカップルの片方の首が突然飛ぶ→PTSDを発症するレベルの恐怖→逃れられない→ギィィィィ バタンッ

 

  • 友達以上恋人未満のいい感じの異性(幼馴染)とジェットコースターに乗る→なんやかんやで事件を解決→怪しげな取引現場を目撃→取引を見るのに夢中になっていた俺は→背後から近づいてくるもう一人の仲間に気づかなかった→俺はその男に毒薬を飲まされ→目が覚めたら→体が縮んでしまっていた!→(黒の組織から)逃れられない

 

そう、突然便意が襲ってこようが怪しげなおっさんが乗り込んでこようが目の前の人の首が飛ぼうが一度マシンに身を預けてしまえば自らの意思で降りる事はできないのである。人は時として無力であり、すなわちそれは誰しもがジェットコースターの恐怖から逃れる事ができない可能性を秘めている事になる。コナン君に至ってはもうかれこれ20年もの間、黒の組織から逃れようと必死である。てゆうか20年経ったらもう普通に高校生以上になってないか。10年目くらいで「新....一....!」ってなるだろう。もしもこの20年の出来事が1年の出来事だというのならこの町の殺人発生率は世界でも類を見ないものとなり人口は急激なスピードで減少し、やがて町は閉鎖され、入口(ゲート)にはモーガンフリーマンみたいな老人の門番がいて、町に入ろうとすると「辛くなったらこれを使え」と弾が一発だけ込められた拳銃を渡される、そんなレベルの治外法権エリアと化しているに違いない。米花町YABAI

 

なんの話だっけ、そうだジェットコースターだ。

とにかくもうジェットコースターが現代の拷問器具にしか見えないしそれに喜び勇んで乗り行く人達を到底理解できない。いや、理解ができないというか乗るなら勝手に乗ってくれればいい。それに乗って楽しむのも自由だしそれを見ながら(信じられない、狂気の沙汰)と思う事も自由である。つまり何が言いたいのかと言うと一番厄介なのは自分達が楽しいからといって無理矢理怖がる人を乗せようとする輩たち、通称ジェットコースター厨である。彼らはジェットコースターに乗りまくって過度のGを受けているうちに、人への思いやりだとか優しさ、みたいな人として大切な感情を失くしてしまったに違いない。そう思えるほどに彼らの行為は鬼であり畜生である。怖がる人間を無理矢理その場の空気感や友情をチラつかせ乗せにかかる。「ええじゃないか」と乗せにかかる。下で待ってるからとか本当にダメだからと全力で拒否すれば後日「あの子空気読めないよねー」と村八分にされる事は必至。その非情っぷりは鬼軍曹であり歯向かう者には非国民と罵り居場所を与えない。軍靴の足音が聞こえる。

それに怖がる人間を無理矢理押さえつけて楽しむなんて、幼少の頃にテレビで見たアフリカの食人族の映像にそっくりである。彼らは戦闘を繰り返し、敵対するグループの長を生きたままグツグツと煮えたぎる鍋に押さえ入れる。当然長は悲鳴を上げ「やめてくれ」みたいな懇願をするが部族達はニヤニヤ笑いながら棒でつついたり冗談めいた事を言って笑っている。その後、映像は骨だけになった長に切り替わるのだが、いやこんな映像民放で夕方から放送するなよ!PTSD発症するかと思ったわ!当時は映像規制が緩い時代であった。

 

まぁそんなことでジェットコースター怖い部族の長こと私は毎度ジェットコースターの列に一緒に並ばるをえなくなり、後はもう死を待つ人みたいな気持ちで並んでいる。乗り場が近付くにつれ足取りは足枷をつけられたように重いし顔面は蒼白である。私のようにジェットコースター怖い部族達はジェットコースターのエンターテインメント性よりも死ぬ確立の事ばかりに思いがいくので全く楽しめない。それに私達は芸人でもないので彼らが期待するようなリアクションや気の利いたコメントも一切できない。君達はそれを期待しているんだろうがそんなものできるわけがない。そりゃジェットコースターが動き出したら一瞬叫ぶ。叫ぶけれどもその叫び声ってのが彼らが期待しているものとは違うらしい。「キャーーー!!」じゃない。「ウゥアア゛ーーーア゛ッア゛ーー!!!!」だ。生命の危機なのだ。そんな余裕ぶった女の子の声なんて出るわけないだろ!そしてそのうち叫んでも無駄なことを悟り突然無言になる。乗り場に着き解放される頃には目からうっすらと涙を流し、無言で生まれたての小鹿のように足をプルプルと震わせながらマシンから降りる私の姿がそこにある。そこで初めてジェットコースター厨達は冗談では済まされない笑えない状態である事に気付く。というか完全に引いている。そして気まずそうに「本当に駄目だったんだね」とか「大丈夫だった?」と聞いてくる。何度も無理って言ったでしょうが!しばいたろか!

 

マジで誰一人として得しない時間はまだまだ続く。そんな怖い思いをしているのだから当然搭乗中の写真うつりも毎回最悪である。「わーみんなピースしてるよー」とかワイワイ賑わっている写真の中に混じって一人だけ野々村議員みたいな人物がいる。私だ。

f:id:nmrozk:20160306033952j:plain

ウゥアア゛ーーーア゛ッア゛ーー!!!!!!!!

 

まぁこんなもんだからいじってくれればいいものを妙に気まずくなって誰も触れてくれないし、友達以上恋人未満のいい感じだったメガネ君とも連絡が取れなくなった。あれから7年ぐらいになるけれど彼は今どこで何をしているのだろうか。きっと、きっと黒の組織に追われているに違いない。だから突然連絡が途絶えたのだろう。そう思わないとやってられない。真実はどうであれ。たまには真実が二つあってもええじゃないか。

 

とにかく今一度、自分が楽しいからといってそれに無理矢理付き合わされる人の気持ちを想像してみてほしい。 

  • 上司にどうでもいいカラオケに付き合わされ上司はノリノリ、早く帰りたいのに自分も楽しそうに振舞わないといけない地獄。

 

  • 彼女に全く興味もないスイーツ御用達の携帯小説みたいな恋愛映画に無理矢理付き合わされて3時間ぐらい拘束される地獄。しかも寝てはいけないし退屈そうにしてもいけない、彼女の機嫌を損ねるからだ。しかしなんとか乗り切ったとしても映画の感想を求められ、無理矢理振り絞って無難な事を言っても「ふーん他になんかないの」といわれる屈辱地獄。

 

  • 恋人を家に連れて行き、よせばいいのにノリノリになった母親が、止めるのも聞かないで昔のアルバムを引っ張り出し、君が女子なら中学生時代にサン宝石で買った謎のアクセサリーを身に纏ったスッピン姿を、君が男子ならPIKOとかTown&Countryと書いたTシャツを着てベロベロのベルトを得意げに長く垂れ流し、ハンドルをカマキリみたいに改造した自転車に跨ってドヤ顔で写っている時の黒歴史を披露される地獄。

 

  • 君がもしコナン君だったとしたら、オープニングで「恋はスリル ショック サスペンス」の曲に乗せてずっと決め顔でパラパラを踊っていた黒歴史をみんなが忘れた頃にわざわざ掘り返される地獄を

 

想像してみてほしい。君は想像できるだろうか。嫌じゃない?苦行じゃない?種類は違えどこれと同じような事なのですよ。もうこれは私のみならず、皆さんの、日本中の問題でもあるのです。嫌がる人に強要してはいけない。誰も得する人なんていないから。そういう事を言いたくて、そういう問題を!!解決ジダイガタメニ!私は、私はネェ今日この日記をブフッフンハァァアアァァ!!誰が誰に強要ジデモ“ オンナジヤ、オンナジヤ思っでぇ!ウゥウーハッフッハーン!!ッウン!ずっと書いてきたんですわ!ッゴノ!文字通り!アハハアァァアンッ!!せやけどぉぉぉぉお!!!せやけどジェェェェエットコースター厨のォォォォオ変われへん!気持ちは変われへんからぁぁああぁイェェヒッフア゛ーー!!! ……ッウ、ック、ジェットコオォォォオスタァァアアァ厨のォオォオ!!!あなたにはぁぁあ分からないでしょうけどねぇぇえ!エンッ!

この世の中を!この悪ノリして強要する世の中ウグッ!!プーーーー!!ゴノ、ゴノ世のブッヒィフエエエーーーーンン!!ヒィェーーッフウンン!!ウゥ…ウゥ…ア゛ァァァーーーア゛ッア゛ーー!!!!ウゥアア゛ーーーア゛ッア゛ーー!!!!ゴノ! ゴノ世の!中ガッハッハアン!!ア゛ぁぁぁ世の中を!!ヲゥ変エダイッ!!!!

 

 

 

 

名探偵コナン 恋はスリル、ショック、サスペンス ORIGINAL COVER

名探偵コナン 恋はスリル、ショック、サスペンス ORIGINAL COVER

 

 

名探偵コナン (Volume1) (少年サンデーコミックス)

名探偵コナン (Volume1) (少年サンデーコミックス)