My Bloody Valentine

クリスマスが終わり年が明け、街はすっかりバレンタインの季節となった。

ショーウィンドウに飾られたチョコレート箱やバルーンの装飾。ヘビーローテーションされるバレンタインデーキッスのBGM。大人も子供も女性たちは今年もまた皆思い思いのチョコレートを選んでいる。

その横を通り過ぎながら私は思った。バレンタインにろくな思い出がない。と。

今まで生きてきた20数年の人生、何度思い返してもバレンタインにろくな思い出がない。

幼稚園も小学校も中学校も高校も大人になってからも、何度思い返してもバレンタインの甘くとろけるようなお話が一切収録されていないのである。代わりに蘇るのはいつも苦々しい思い出ばかり。

 

初めての記憶は幼稚園の頃。おそらく初恋だった。

隣のクラスのトモキ君。幼少期の初恋の基準はよく分からないが、いつも笑顔で優しくて一緒に遊んでくれるトモキ君が好きだった。大きくなったら結婚するとも言っていた。トモキ君もまんざらではない様子。結婚の仕組みはあまりよく分かってはいないけど、宣言すれば大好きな異性と将来自動的にずっと一緒に暮らしていけるシステムだとぼんやりと思っていた。幼少の時期の思い込みは馬鹿だけど可愛くて夢に溢れている。

今ではそんな簡単にお互いの意見や環境が合致する程世の中は甘くなく、それをすんなり乗り越えていくのはそれを乗り越えた事にも気付かないような運の良い人達なのだと悟ったような気分になり、毎年送られてくる一度も肉眼で見たことのない子供だけの写真入り年賀状に新年早々「誰が興味あんねん!」と心の中でツッコミを入れるイヤな大人になってしまった。涙で画面が見えない。

 

悲しくなってきたので話を穢れのない幼少期に戻す。とにもかくにも大好きなトモキ君と結婚する為にはまずプロポーズをされなくてはならない。覚えたての言葉、プロポーズ。覚えたての方程式、好き→プロポーズ→結婚。

この流れを成功させる為にはトモキ君の口から「結婚して下さい。」という言葉を引き出さねばならない。いつも「ジェットマン」しか言わないトモキ君の口から「結婚して下さい。」という言葉を引き出さねばならないのである。

 

普段から結婚するって公言しているのでは?というツッコミはちょっと待ってほしい。

「大きくなったら結婚する」と言っているのはいつも私の方なのだ。トモキ君はその横でいつもニコニコした笑顔で、まんざらでもない様子。でも肝心な言葉は聞かせてくれない。あなたっていつもそう。照れくさそうにいつも笑ってるだけ。口を開けばジェットマンジェットマンって!私とジェットマンどっちが大事なの?鳥人戦隊と私どっちが大切なのよ!聞かせてよ!「ジェットマン」じゃなくて「結婚して下さい」という言葉をあなたの口から聞かせてよ・・・!と幼稚園児がヒステリックに問い詰める事ができるはずもなく、クリスマスが終わり年が明け、街はすっかりバレンタインの季節となった。

 

乗るしかない、このビッグウェーブに。

 

プロポーズには相手に「結婚して下さい」と言ってもらえるような雰囲気を作り出す事が先決。それにはこのバレンタインデーが絶好のチャンス。普段現す事のできない気持ちを世の恋する乙女達はチョコレートに託し相手の心を揺さぶる。つまりはチョコレートを渡すことにより、私はあなたが好き、すなわちあなたからいつプロポーズをされても断らないという気持ちが私にはあるのよと示す事ができるビッグチャンスなのである。見てろよジェットマン、もうお前の名前は二度と呼ばせないぜ・・・!

 

「お母さん、勝負チョコ買ってきて!」

打倒ジェットマンに燃え、愛するトモキ君のプロポーズを待つ私は覚えたての「勝負チョコ」という言葉をさっそく使い母親にチョコレートの調達を依頼した。大人である母親の恋愛経験置の高さたるや幼稚園児の私のそれとは比べものにはならない、エベレストと砂場の山くらいの差があるだろう。娘のオーダーにニコニコしている母親はきっとトモキ君に「結婚してください」と言わしめるような完璧な勝負チョコを用意してくれるはずだ。

バレンタイン当日、持たされたチョコは赤いハートがたくさん描かれた袋に金色のリボンが結んである勝負チョコという名に相応しいラッピングが施されていた。それになかなかの大きさ重さ。お母さん、奮発してくれたんだな。

 「トモキ君、はいこれあげる!」幼稚園バスから降り教室へ向かう賑やかさに紛れ、ついにトモキ君に勝負チョコを手渡した。「好きです」なんて言葉はいらない。いつも大きくなったら結婚すると言っていたしいつもトモキ君もまんざらでもない笑顔なのだ。現に勝負チョコを手渡されたトモキ君は目をキラキラさせていて「ありがとう!」と言ってくれた。良かった、ジェットマンって言わなかったぞ。いい感じだ!次にお前は「結婚してください」と言う!さぁ早くッッ!早くプロポーズしろッッ!その時だった。「早くみんな教室に入ってー!!」先生が笛を鳴らし呼び掛けている。その言葉に私もトモキ君も一目散に教室に駆け込んだ。先生の命令に幼稚園児は逆らう事ができない。しかしこの続きはまた後で、きっとトモキ君は私の気持ちに応えてくれるだろう。

 お弁当後の休憩時間、予想通りトモキ君はやってきた。

「あっちへ行こう」と人気の無い階段へ連れていくトモキ君。幼稚園児のくせにクールな誘い込みである。プロポーズきたこれ!さぁ聞かせて。「ジェットマン」でも「鳥人戦隊」でもなく「結婚してください」のその言葉を!

 

「これ、いらない」

 

耳を疑った。え?まだ「ジェットマン」の方が良かったのではないだろうか。まさかの勝負チョコ、返却宣言である。「なんで?チョコレート!あげるよ!今日バレンタインだから!」と言う言葉に被せるかのように「とにかくこれ返す!いらない!」と言い残しトモキ君は走り去っていった。手元には金色のリボンが外された勝負チョコが残されていた。こうして私は訳も分からないままに失恋をした。頬に涙がボロボロと伝い落ちてきた。何が駄目だったんだろう。いつもはあんなにニコニコしていたのに。プロポーズしてくれるんじゃなかったの?それともトモキ君は優しいからいつも私が言う事が本当は嫌だったのかもしれない。愛情を押し付けすぎたこのチョコレートどうしよう。まさか返されたなんてお母さんに言えやしない。もう食べよう。食べてしまおう。チョコレートの甘みで悲しみを紛らわせよう。トモキ君の事も忘れよう。ジェットマンの事も忘れる。そして普通な顔して家に帰って「うまく渡せたよ」ってお母さんに報告するんだ。お母さん、ごめんね。今となってはこのハートがいっぱい描かれた袋もとても虚しいや。泣きながら小さな手で袋からチョコレートを取り出した。

 

相撲だった。

 

なんていうかチョコレートが相撲の形をしていた。立体的だった。しかもめっちゃでかい。

今にも土俵入りしそうな相撲のフォルム。雲竜型かな?筋骨隆々としたフォルムの相撲のチョコレート。その相撲が立つ土台にはデカデカと金色のフォントで「勝利」の二文字。渋い、渋すぎる。勝負チョコの意味が完全に違う。そりゃ返却される。こんなもん幼稚園児が幼稚園児に渡すチョコレートじゃないやろ

世間は若貴ブームに沸いていた。完全にチョコのチョイスが若貴ブームという名のビッグウェーブに乗っていた。波に飲まれた私は初めての失恋をした。この当時の日本で相撲と母親が原因で婚約破棄になったのって私と宮沢りえぐらいしかいないんじゃないだろうか。

 

あれから20数年が経ち、今年のバレンタインは特に予定もないくせに、会社の人に居もしない彼氏と過ごしていると思われたくて見栄で取ってしまった有給をどう過ごそうかと頭を悩ませている。相撲でも見に行こうか。