独立記念日の過ごし方

7月4日はアメリカ独立記念日である。

独立記念日とは1776年にアメリカ独立宣言が公布された事を記念して毎年7月4日に定めらたアメリカの記念日の事。「インディペンデンスデイ」や「7月4日に生まれて」など独立記念日にちなんだ有名な映画も数多くあり、一度は耳にした事があるのではないだろうか。しかし具体的にどういった事をする日であるかはあまり知られていないように思う。私もアメリカに留学するまでは全然どんな事をする日なのか知らなかった。そこで今日はこの機会にアメリカで過ごした独立記念日の思い出と写真を元に一体どんな日だったのかを書き記していきたいと思う。独立記念日は2度経験した。

ちなみにどちらもシアトルで過ごしているので地域によって差はあるかもしれない。

 

まず独立記念日は当然のようにほとんどの学校や企業はお休みであり堂々たる祝日である。

クリスマス、年越しに次いでアメリカ中の老若男女が盛り上がる国民的行事であり下手したら年越しよりも盛り上がってるんじゃないかなって思う。なんといってもだいたい気候がスカッと晴れた夏になっているのでそりゃもうみんなハチャメチャに開放的になる。パーティピーポー気質なアメリカ人が最もそのパーティピーポーっぷりを発揮する日といっても過言ではないだろう。

 

具体的に何をするのかを見ていこう。

まず多くは家族や親戚で集まって手料理を食べたりテレビやDVDを見たりして過ごすいわゆるホームパーティでのんびりくつろいでいる。

f:id:nmrozk:20160705221919j:plain【パーティで出てきた砂糖とバタークリームで塗り固められたお手製独立記念日ケーキ。アメリカのケーキには生クリームの概念が存在しない。歯が溶けそうなくらい甘い。】

 

もちろん友達や恋人と過ごすのもあり。

ビーチでバーベキューを楽しんだり自家用クルーザーやヨットで湖に繰り出すのも人気の過ごし方である。シアトルは海や湖に囲まれているのでこのような光景を見ることが多い。

f:id:nmrozk:20160705222702j:plain

【湖でピクニックを楽しむ市民】

 

f:id:nmrozk:20160705222323j:plain

【夜は海で焚き火を囲んでお酒を飲んだりギターを弾いたりしていた。燃料がポップコーンな所がいかにもアメリカっぽい】

 

心配後無用、一人でも全然楽しめる。街に繰り出してみるとそこではパレードが繰り広げられていて、様々な衣装に身を包んだ市民達が陽気に踊り、独立宣言文を読み上げ、空砲を打ち鳴らしたりと、とにかく賑やか、ショッピングモールは大々的にセールが行われている。(ただし営業時間は短くなる所も)

大きな広場や公園では音楽フェスティバルが催されプロアマ問わずアーティストや観客が大勢集っていた。

シアトルは世界的に有名なミュージシャンを多く排出している事で有名な街でもある。

f:id:nmrozk:20170704205806j:plain

【いつか見たいと憧れていたジミ・ヘンドリックス像。思ってたより小さかった】

 

音楽会場の傍らではホットドッグの長さの世界記録を更新をしようとしてたりやたらホットドッグのイベントが目立った。ホットドッグといえば同じく独立記念日に開催されるニューヨークでのホットドッグ早食い大会は全米に生中継されており、ホームパーティ組は自然とこれを見る流れになる。私が見た回では日本人の小林尊が優勝していた。早食い大会における日本人の脅威はすごいものだそうで、特に小林尊は彼らの中で有名なフードファイターであり彼らはみな小林を応援していた。リビングでペプシ独立記念日ケーキを片手に固唾を呑んで見守るのもまたこの日のホームパーティの醍醐味である。

 

そして忘れてはならないのが花火大会だ。日中それぞれリア充ぽい過ごし方をした彼らは記念日の締めとして夜に開催される花火大会を心から楽しみにしている。リア充の極み。

多くの都市では花火が打ち上げられその場で鑑賞する者もテレビ中継で楽しむ者も皆それぞれ。また個人的に花火を持ち寄り各自で花火パーティを楽しむ者もいる。これが何より印象的だった。

 

私が住んでいたワシントン州の多くの地域では個人での花火所持および使用、販売が禁止されており、独立記念日のみの所持と使用が許可されていた。つまり独立記念日にしか花火ができない。好きな時にコンビニで花火を買いそこらの軒先でいつでも花火パーティができる私たち日本人からすれば全く信じられないくらいに花火の条件をガチガチに固められた彼らは年に一度開放される自由な花火パーティにこと情熱を燃やしていた。

まず花火を手に入れるまで。もともと花火の販売が禁止されているので普通のお店では手に入らない。ではどこで花火を入手できるのかといえば答えはインディアン特別居留地区である。かつて白人から土地を奪われたインディアン(ネイティブアメリカ人)はその背景から各地に特別居留地を設けられ多くはそこに暮らしている。その居留地の中ではアメリカの法律が適用されずその居留地の法が適用されるのだそう。つまりはアメリカの法律で禁止されている花火の販売禁止という法律は適用されないのでここでなら花火を販売してもなんら問題はないのである。

そんな事情を聞きながら都市部から車で1時間半くらいの距離にある居留地に向かったが(花火を車で片道1時間半もかけて買いに行く情熱...!)そこには花火を売る屋台が所狭しとざっと100軒以上軒を連ねていた。

ここで売られている花火は日本でいう手持ち花火や線香花火みたいな可愛いものが全然なく、ロケット花火やクラッカー、なんか爆薬みたいな物がメインであった。

f:id:nmrozk:20160705225206j:plain

f:id:nmrozk:20160705224432j:plain

【「使用は自己責任で。いかなる結果になろうと我々は責任を負いません」という如何にもアメリカらしい注意書き】

 

気になる花火をゲットしたら帰宅の前に我慢できなくなった彼らが試し打ちできる広場もある。我慢できなくなるって一体....。

f:id:nmrozk:20160705224941j:plain【広場っていうかみんなやりすぎて焼け野が原みたいになってる場所。もはや試し打ちってレベルではない。情熱がすごい】

 

そんなこんなでまた1時間半かけて帰路に着き、私も花火パーティに参加させてもらうことに。俺たちの花火大会が今、始まる・・・!

f:id:nmrozk:20160705225453j:plain

 

f:id:nmrozk:20160705225519j:plain【なんやかんやあって散乱するバールのような物と着火された花火のような物】

f:id:nmrozk:20160705230056j:plain

【きたねぇ花火だ】

 

動画がアップロードできなくて写真だけで申し訳ないのですが、なんか遊び方が私たちの知ってるそれとは全然違った。花火をヤカンやデカいドラム缶に詰めて爆発させていた気がするし爆竹(もう花火じゃない)を地面にめちゃくちゃ打ち付けていた。バールの様なゴルフクラブの様な物をどう使ったかは思い出せない。とにかくその辺に散乱していた。また音が大きくて乾いていて、まるであちこちで銃乱射が起こっているような状態だったし煙もモクモクだったし彼らのヒャッハーという歓声。この荒廃した世界に突如として現れたモヒカンとトゲトゲの肩パッドの集団かと思った。

そんなこんなでこんな世紀末めいた事をガンガン家の庭先でやっていたらどこからともなく男がやってきた。それは北斗七星のような7つの傷を胸に負う男ではなくなんか消防服を着たオッサンだった。「花火は法律で禁止されている」というキメ台詞に「なんだと!独立記念日は許可されているんだ!」と言い返す若者グループ。一向に収まらない口論はヒートアップして今にも即興ラップバトルが始まりそうな勢い、ついでに誰か「ひでぶっ!!」って爆発するんじゃないかってレベルでヒヤヒヤ見守っていたのですが若い力には勝てないとオッサンが諦めたのかスゴスゴと引き返していきました。「消防署の人にあんなに喧嘩腰になっていいの?通報されるんじゃないの?」と一瞬心配になりましたが、彼の正体は自作の消防服に身を包んだコスプレ消防おじさんであり、自分の事を消防士だと思い込んでいる近所の鼻つまみ者だという事でした。彼の独立記念日はこうして町中の人達にコスプレ姿を晒し、消防士っぽい言動をして周る過ごし方なんだな、どこの国の町にも絶対1人はヤベェ奴って配置されているんだな・・・と色々な人の在り方や独立記念日の過ごし方を思った夜でした。その辺に散乱してる火薬が種籾に見えた。

 

という事で話が大きく逸れましたが、アメリカの独立記念日は街中がみんなパーティパーティしてて賑やかでどこに居ても楽しめる、そんな1日です。開放感あふれる気候や町の人々、雰囲気、思いが詰まった花火大会を堪能しに一度独立記念日に合わせてアメリカへ訪れてみてはいかがでしょうか。来年もきっと楽しいはず!

f:id:nmrozk:20160705231144j:plain

【おまけ:アメリカの痛車

 

ジェットコースタープリズン


f:id:nmrozk:20160307133011j:image

 

ジェットコースターが苦手だ。

あんな物に乗る人の気が知れないし、あんな物が世の中のエンターテインメントとして堂々と存在している意味が分からない。

身動きの取れない狭い乗り物に乗せられ、体を支える物といったらあんな手の力で簡単に降ろせるようなやわやわのバーか、車のシートベルトにも劣るであろう男子中学生御用達のズボンベルトのようなよく分からないベロベロの生地のベルトのみである。PIKOのTシャツがよく似合いそうなベルトのみなのである。そんな物で全長約1000メートルの距離を時速100~120km程のスピードで駆け抜け、時には60ないし70メートルの高さから何度も落下する。傾斜角度は70~90度。日本一怖いとされる富士急ハイランドの「ええじゃないか」の最高時速は126km、最高高度76m、最大傾斜角89度、コース全長1153m、回転数14回という現代の拷問器具としか思えないようなスペックぶりに加え、足の踏ん張り所がないという鬼仕様。世界最速のアラブのジェットコースターに至っては最高時速が240kmもある。これは地上最速の速さを誇るチーターの時速120kmの倍であり、体感速度でいうと60階建てのビルの頂上から飛び降りた時のそれと同等である。飛び降りてから約8秒で地面に到達し、関東の人でいうとサンシャイン60、関西の人でいうと南港のワールドトレードセンタービル、あまりピンとこない人でいうと自由の女神の高さが93m(台含む)なのでそれの2個半分。その高さから飛び降りた時と同じ速度でジェットコースターは駆け抜け落ちていく。頭おかしいんじゃないの。

 

そんな恐ろしいマシンに乗り込みチャチなベルトに身を預け、100%生きて帰ってこれると思い込んでいるのもまた信じられない。列に並び「落ちる瞬間バンザイしようぜー」とかウェイウェイ盛り上がってる人達はそれが最後の1枚になるかもしれない等という考えは1mmも存在しないのだろうか。あんなPIKOによく似合うベルトに全信頼を寄せているのだろうか。ベルトが千切れる可能性だとかバックドロップした勢いでベルトが外れて投げ出され頭から地面に叩きつけられる恐怖とかレールが途中で脱線したりネジが飛んだりバキっと折れたりしないかだとか、バイトの操作の子がサイコパスでとんでもないボタンを押して大量殺戮を図ったりしてしまうかもしれない可能性は頭をかすめもしないのだろうか。それが起こらない可能性なんて誰がどう証明してくれるのか。それにマシンに身を預けたら最後、何があっても終わるまでは降りられない。逃げられない。その恐ろしさをよく考えてみてほしい。

例えば君が友達以上恋人未満のいい感じの異性(幼馴染)とジェットコースターに乗ることになったとしよう。君が男ならば強い所を、女ならばキャーキャー言って守ってあげたい系女子を演出しジェットコースターの吊橋効果でその距離をぐっと縮めようと目論んでいる。しかし列が進むにつれ(え、これってこんなに高い所だったの?)と予想以上の高さに恐怖心が一気に増し後悔し逃げたくなったとしても面目もある以上おいそれと列から外れる事はできない。そして迫りくるジェットコースターの恐怖から逃れる事もできない。おっと普段ジェットコースターが得意な君も油断はできない。

 

  • 友達以上恋人未満のいい感じの異性(幼馴染)とジェットコースターに乗る→突然迫りくる便意→逃れられない→BAD END

 

  • 友達以上恋人未満のいい感じの異性(幼馴染)とジェットコースターに乗る→突然全身黒ずくめのおっさん2人組が無表情で後ろに乗り込んでくる→逃れられない→NEXT CONAN‘S HINT

 

  • 友達以上恋人未満のいい感じの異性(幼馴染)とジェットコースターに乗る→巧妙に張り巡らされたトリックとワイヤーで目の前のカップルの片方の首が突然飛ぶ→PTSDを発症するレベルの恐怖→逃れられない→ギィィィィ バタンッ

 

  • 友達以上恋人未満のいい感じの異性(幼馴染)とジェットコースターに乗る→なんやかんやで事件を解決→怪しげな取引現場を目撃→取引を見るのに夢中になっていた俺は→背後から近づいてくるもう一人の仲間に気づかなかった→俺はその男に毒薬を飲まされ→目が覚めたら→体が縮んでしまっていた!→(黒の組織から)逃れられない

 

そう、突然便意が襲ってこようが怪しげなおっさんが乗り込んでこようが目の前の人の首が飛ぼうが一度マシンに身を預けてしまえば自らの意思で降りる事はできないのである。人は時として無力であり、すなわちそれは誰しもがジェットコースターの恐怖から逃れる事ができない可能性を秘めている事になる。コナン君に至ってはもうかれこれ20年もの間、黒の組織から逃れようと必死である。てゆうか20年経ったらもう普通に高校生以上になってないか。10年目くらいで「新....一....!」ってなるだろう。もしもこの20年の出来事が1年の出来事だというのならこの町の殺人発生率は世界でも類を見ないものとなり人口は急激なスピードで減少し、やがて町は閉鎖され、入口(ゲート)にはモーガンフリーマンみたいな老人の門番がいて、町に入ろうとすると「辛くなったらこれを使え」と弾が一発だけ込められた拳銃を渡される、そんなレベルの治外法権エリアと化しているに違いない。米花町YABAI

 

なんの話だっけ、そうだジェットコースターだ。

とにかくもうジェットコースターが現代の拷問器具にしか見えないしそれに喜び勇んで乗り行く人達を到底理解できない。いや、理解ができないというか乗るなら勝手に乗ってくれればいい。それに乗って楽しむのも自由だしそれを見ながら(信じられない、狂気の沙汰)と思う事も自由である。つまり何が言いたいのかと言うと一番厄介なのは自分達が楽しいからといって無理矢理怖がる人を乗せようとする輩たち、通称ジェットコースター厨である。彼らはジェットコースターに乗りまくって過度のGを受けているうちに、人への思いやりだとか優しさ、みたいな人として大切な感情を失くしてしまったに違いない。そう思えるほどに彼らの行為は鬼であり畜生である。怖がる人間を無理矢理その場の空気感や友情をチラつかせ乗せにかかる。「ええじゃないか」と乗せにかかる。下で待ってるからとか本当にダメだからと全力で拒否すれば後日「あの子空気読めないよねー」と村八分にされる事は必至。その非情っぷりは鬼軍曹であり歯向かう者には非国民と罵り居場所を与えない。軍靴の足音が聞こえる。

それに怖がる人間を無理矢理押さえつけて楽しむなんて、幼少の頃にテレビで見たアフリカの食人族の映像にそっくりである。彼らは戦闘を繰り返し、敵対するグループの長を生きたままグツグツと煮えたぎる鍋に押さえ入れる。当然長は悲鳴を上げ「やめてくれ」みたいな懇願をするが部族達はニヤニヤ笑いながら棒でつついたり冗談めいた事を言って笑っている。その後、映像は骨だけになった長に切り替わるのだが、いやこんな映像民放で夕方から放送するなよ!PTSD発症するかと思ったわ!当時は映像規制が緩い時代であった。

 

まぁそんなことでジェットコースター怖い部族の長こと私は毎度ジェットコースターの列に一緒に並ばるをえなくなり、後はもう死を待つ人みたいな気持ちで並んでいる。乗り場が近付くにつれ足取りは足枷をつけられたように重いし顔面は蒼白である。私のようにジェットコースター怖い部族達はジェットコースターのエンターテインメント性よりも死ぬ確立の事ばかりに思いがいくので全く楽しめない。それに私達は芸人でもないので彼らが期待するようなリアクションや気の利いたコメントも一切できない。君達はそれを期待しているんだろうがそんなものできるわけがない。そりゃジェットコースターが動き出したら一瞬叫ぶ。叫ぶけれどもその叫び声ってのが彼らが期待しているものとは違うらしい。「キャーーー!!」じゃない。「ウゥアア゛ーーーア゛ッア゛ーー!!!!」だ。生命の危機なのだ。そんな余裕ぶった女の子の声なんて出るわけないだろ!そしてそのうち叫んでも無駄なことを悟り突然無言になる。乗り場に着き解放される頃には目からうっすらと涙を流し、無言で生まれたての小鹿のように足をプルプルと震わせながらマシンから降りる私の姿がそこにある。そこで初めてジェットコースター厨達は冗談では済まされない笑えない状態である事に気付く。というか完全に引いている。そして気まずそうに「本当に駄目だったんだね」とか「大丈夫だった?」と聞いてくる。何度も無理って言ったでしょうが!しばいたろか!

 

マジで誰一人として得しない時間はまだまだ続く。そんな怖い思いをしているのだから当然搭乗中の写真うつりも毎回最悪である。「わーみんなピースしてるよー」とかワイワイ賑わっている写真の中に混じって一人だけ野々村議員みたいな人物がいる。私だ。

f:id:nmrozk:20160306033952j:plain

ウゥアア゛ーーーア゛ッア゛ーー!!!!!!!!

 

まぁこんなもんだからいじってくれればいいものを妙に気まずくなって誰も触れてくれないし、友達以上恋人未満のいい感じだったメガネ君とも連絡が取れなくなった。あれから7年ぐらいになるけれど彼は今どこで何をしているのだろうか。きっと、きっと黒の組織に追われているに違いない。だから突然連絡が途絶えたのだろう。そう思わないとやってられない。真実はどうであれ。たまには真実が二つあってもええじゃないか。

 

とにかく今一度、自分が楽しいからといってそれに無理矢理付き合わされる人の気持ちを想像してみてほしい。 

  • 上司にどうでもいいカラオケに付き合わされ上司はノリノリ、早く帰りたいのに自分も楽しそうに振舞わないといけない地獄。

 

  • 彼女に全く興味もないスイーツ御用達の携帯小説みたいな恋愛映画に無理矢理付き合わされて3時間ぐらい拘束される地獄。しかも寝てはいけないし退屈そうにしてもいけない、彼女の機嫌を損ねるからだ。しかしなんとか乗り切ったとしても映画の感想を求められ、無理矢理振り絞って無難な事を言っても「ふーん他になんかないの」といわれる屈辱地獄。

 

  • 恋人を家に連れて行き、よせばいいのにノリノリになった母親が、止めるのも聞かないで昔のアルバムを引っ張り出し、君が女子なら中学生時代にサン宝石で買った謎のアクセサリーを身に纏ったスッピン姿を、君が男子ならPIKOとかTown&Countryと書いたTシャツを着てベロベロのベルトを得意げに長く垂れ流し、ハンドルをカマキリみたいに改造した自転車に跨ってドヤ顔で写っている時の黒歴史を披露される地獄。

 

  • 君がもしコナン君だったとしたら、オープニングで「恋はスリル ショック サスペンス」の曲に乗せてずっと決め顔でパラパラを踊っていた黒歴史をみんなが忘れた頃にわざわざ掘り返される地獄を

 

想像してみてほしい。君は想像できるだろうか。嫌じゃない?苦行じゃない?種類は違えどこれと同じような事なのですよ。もうこれは私のみならず、皆さんの、日本中の問題でもあるのです。嫌がる人に強要してはいけない。誰も得する人なんていないから。そういう事を言いたくて、そういう問題を!!解決ジダイガタメニ!私は、私はネェ今日この日記をブフッフンハァァアアァァ!!誰が誰に強要ジデモ“ オンナジヤ、オンナジヤ思っでぇ!ウゥウーハッフッハーン!!ッウン!ずっと書いてきたんですわ!ッゴノ!文字通り!アハハアァァアンッ!!せやけどぉぉぉぉお!!!せやけどジェェェェエットコースター厨のォォォォオ変われへん!気持ちは変われへんからぁぁああぁイェェヒッフア゛ーー!!! ……ッウ、ック、ジェットコオォォォオスタァァアアァ厨のォオォオ!!!あなたにはぁぁあ分からないでしょうけどねぇぇえ!エンッ!

この世の中を!この悪ノリして強要する世の中ウグッ!!プーーーー!!ゴノ、ゴノ世のブッヒィフエエエーーーーンン!!ヒィェーーッフウンン!!ウゥ…ウゥ…ア゛ァァァーーーア゛ッア゛ーー!!!!ウゥアア゛ーーーア゛ッア゛ーー!!!!ゴノ! ゴノ世の!中ガッハッハアン!!ア゛ぁぁぁ世の中を!!ヲゥ変エダイッ!!!!

 

 

 

 

名探偵コナン 恋はスリル、ショック、サスペンス ORIGINAL COVER

名探偵コナン 恋はスリル、ショック、サスペンス ORIGINAL COVER

 

 

名探偵コナン (Volume1) (少年サンデーコミックス)

名探偵コナン (Volume1) (少年サンデーコミックス)

 

 

今話題のフェアリーライトを使って家中の女子力を爆発させてみた

 

 

今週のお題「わたしの部屋」

 

最近、部屋のインテリアやアレンジを紹介するサイトを見るのにハマっています。ちょっとした工夫で部屋中がとてもお洒落になる様は見ていて楽しいし自分も挑戦してみたいなぁとスターバックスでコーヒーを啜りながら思いを馳せるのがマイブームなわけです。スターバックスの部分は嘘です。

今特に見ていて楽しいのがフェアリーライトによる部屋のアレンジ特集。フェアリーライトというのは

f:id:nmrozk:20160222232713j:plain

写真のように小さなライトが連なっている照明器具の事で、海外では割とポピュラーに使用されています。私は一時アメリカに住んでいた事があるのですが、女の子の部屋やカフェは勿論、バーの軒先や音楽スタジオまで街中の至る所に当たり前のように溶け込んでおりました。 部屋に飾るだけで一気にロマンティックさが増し、しかも割りと手軽にできるという事もあって最近じわじわと日本でもその人気が広まってきているのだそうです。

f:id:nmrozk:20160223014503j:plain

f:id:nmrozk:20160223014526j:plain

f:id:nmrozk:20160223014230j:plain

f:id:nmrozk:20160223014557j:plain

こんな部屋、めっちゃ可愛くないですか?今この写真を見た女性陣は胸がときめき高鳴りキュンキュンし、男性陣においては「彼女の部屋がこんなんだったらいいなぁ。あわよくばこの白人女性もセットでお願いしたい」そう思ったに違いないはず。そうだろう?そうだろうとも。分かる分かる。こんな部屋だったらいつでも気兼ねなくお友達や恋人を呼べる事でしょう。めちゃくちゃ得意気に呼べる事でしょう。ちょうど私の両親は出張で家を空ける事が多く、いつだって「今日、うちに誰もいないんだ」と声を掛け呼ぶ事ができるのですが、問題なのはそれを言う相手がいない事。特に彼氏な。どうしよう過呼吸になりそう。

しかしこれはチャンス!まだ見ぬメンズに備えて今のうちにお部屋を女子力あふれるそれに改造する事ができるチャンスなのです!

f:id:nmrozk:20160223015004j:plain

そう、フェアリーライトがあればね。

これはamazonと100円均一ショップで購入した物です。お洒落の素が100円ちょっとでも手に入るなんてお財布にも優しいですね。さっそく作業に取り掛かります。まずはこれを何の変哲もないカーテンの裏に巡らせて

f:id:nmrozk:20160227125540j:plain

 

点灯  

 

f:id:nmrozk:20160223021020j:plain

ふぁぁぁぁ!適当に飾っただけなのに、なんとも可愛くファンシーな仕上がり!すごい!フェアリーライトすごい!これはもうロマンティックが止まらない!止まりまへんでぇぇえ!こうなったらもう家中をこのフェアリーライトを使ってロマンティック溢れる素敵なお家に改造しちゃいましょう!メンズのハートをがっしりと鷲掴みするお家に改造しちゃいましょう!

f:id:nmrozk:20160223022345j:plain

これはお風呂場のカーテンです。さすがに直接浴槽に飾ると感電死する危険があるのでカーテンに取り付けましたが、なんという事でしょう。またもやロマンティックな仕上がりに!これを見たメンズは(シャワー・・・浴びてく・・・?)という私の声が直接脳内に語りかけられる事でしょう。

シャワーの後はそうですね

f:id:nmrozk:20160223022828j:plain

 やはりベッドですね。枕元のライトとしても使えて便利かつ幻想的!これはやるしかないでしょう!ついでに

f:id:nmrozk:20160223023022j:plain

 ベッドの脇に「LOVE」の文字も作っちゃいましょう!ロープ状なので自由な形に装飾する事ができるのも良い点ですね。早速やってみましょう。

まずは文字の下書きとしてマスキングテープを壁に貼っておきます。

f:id:nmrozk:20160223023308j:plain

 あいにくマスキングテープとか女子力満点のアイテムを持ち合わせていなかったのでこれは医療用テープなんですが、問題なく壁に貼りつきました。持ってない方は医療用テープでも代用できるという朗報をここにお知らせ致します。そしてそれに合わせてライトを固定する為の画鋲を取り付ける

f:id:nmrozk:20160223023809j:plain

はずだったんですが、この壁めっちゃ硬いのな。これは予想外です。全然刺さらなかった。針の部分が根元から折れた。なので壁は諦めて、気を取り直してベッドにライトを飾りましょう。

f:id:nmrozk:20160223025258j:plain

うん。

家にある唯一のベッドがおばあちゃんの介護用ベッドしかなかったので勝手に拝借したんですが、なんていうか女子力というより精神病棟力の方がグッと上がってしまった気がするのは気のせいでしょうか。医療用テープのLOVEの文字がヤバさを引き立てています。と、とりあえず点灯してみましょう!点灯すればフェアリーライトの力でロマンティックに変身できるはずです。 

f:id:nmrozk:20160223025903j:plain

パァァアア・・・・

f:id:nmrozk:20160223025913j:plain

パラマウントが止まらない。今にも「かゆ・・・うま・・・」っていう日記が見つかりそうですし、なんか唐突に火垂るの墓を思い出しました。

悲しい気分になってきたので次は家の顔こと玄関を飾り付ける事にしました。第一印象は大事ですからね!おっと大事な事を忘れてました。

f:id:nmrozk:20160223031652j:plain

こちらはお父さん愛用のダンベルセットです。毎朝これで筋力トレーニングに励んでいるのですが、家に入ったら一番最初にこれが目に入るんですよね。こんな物を家に上がる前に見てしまったらきっと彼は筋肉隆々の怖いお父さんを想像してしまいビビッて家に上がってくれない事でしょう。でも大丈夫、フェアリーライトさえあれば

f:id:nmrozk:20160223031909j:plain

こんなにファンシーに!これで筋肉隆々どころかフレンドリーなオネエみたいなお父さんを想像してくれるはずです。

f:id:nmrozk:20160223032232j:plain

ついでに近くにあった元近鉄バファロー中村紀洋選手のサインボールも飾り付けておきました。魔球ですね。

 

 

お次はこれ。

f:id:nmrozk:20160223032625j:plain

 フェアリーライトはこんな玄関リースまで作れちゃうんです!

これはハート型のワイヤーにライトを巻きつけただけのものなんですが、すごくお洒落で可愛いですよね。ぜひともすぐに試してみたいのですが、そんなに都合よくハート型のワイヤーなんて家に常備されてないですよね。でもご安心を。ご家庭にある一番ワイヤーっぽいもので作ってみました。

f:id:nmrozk:20160223032849j:plain

かゆ・・・うま・・・

 

もう後戻りできないのでこれを玄関ドアに飾って、インターホンも飾り付けて

f:id:nmrozk:20160223053451j:plain

 

 

点灯

f:id:nmrozk:20160223033554j:plain

 うん、これでメンズどころかNHKの集金や怪しげな勧誘の人すら寄ってこない、下手すりゃ近隣住民から景観被害で訴えられかねない飾り付けになりましたね。剥き出しの乾電池が完全に時限装置にしか見えない。今にも爆発しそう。女子力っていうか家そのものが爆発しそう。

 

ということで皆さんもあまりはしゃぎ過ぎてフェアリーライトを過剰に使いすぎると飾り付けているところを近所の人に見られて「ついに頭がおかしくなった」と噂されるようになったり、近所の小学生から「電波ゆんゆんハウス」というあだ名で呼ばれるようになったり、はたまた出張から帰ってきたお父さんにファンシーなダンベルで殴られそうになったりするので飾りすぎには十分注意して楽しみましょうね☆

 

 

 

 

 

 

My Bloody Valentine

クリスマスが終わり年が明け、街はすっかりバレンタインの季節となった。

ショーウィンドウに飾られたチョコレート箱やバルーンの装飾。ヘビーローテーションされるバレンタインデーキッスのBGM。大人も子供も女性たちは今年もまた皆思い思いのチョコレートを選んでいる。

その横を通り過ぎながら私は思った。バレンタインにろくな思い出がない。と。

今まで生きてきた20数年の人生、何度思い返してもバレンタインにろくな思い出がない。

幼稚園も小学校も中学校も高校も大人になってからも、何度思い返してもバレンタインの甘くとろけるようなお話が一切収録されていないのである。代わりに蘇るのはいつも苦々しい思い出ばかり。

 

初めての記憶は幼稚園の頃。おそらく初恋だった。

隣のクラスのトモキ君。幼少期の初恋の基準はよく分からないが、いつも笑顔で優しくて一緒に遊んでくれるトモキ君が好きだった。大きくなったら結婚するとも言っていた。トモキ君もまんざらではない様子。結婚の仕組みはあまりよく分かってはいないけど、宣言すれば大好きな異性と将来自動的にずっと一緒に暮らしていけるシステムだとぼんやりと思っていた。幼少の時期の思い込みは馬鹿だけど可愛くて夢に溢れている。

今ではそんな簡単にお互いの意見や環境が合致する程世の中は甘くなく、それをすんなり乗り越えていくのはそれを乗り越えた事にも気付かないような運の良い人達なのだと悟ったような気分になり、毎年送られてくる一度も肉眼で見たことのない子供だけの写真入り年賀状に新年早々「誰が興味あんねん!」と心の中でツッコミを入れるイヤな大人になってしまった。涙で画面が見えない。

 

悲しくなってきたので話を穢れのない幼少期に戻す。とにもかくにも大好きなトモキ君と結婚する為にはまずプロポーズをされなくてはならない。覚えたての言葉、プロポーズ。覚えたての方程式、好き→プロポーズ→結婚。

この流れを成功させる為にはトモキ君の口から「結婚して下さい。」という言葉を引き出さねばならない。いつも「ジェットマン」しか言わないトモキ君の口から「結婚して下さい。」という言葉を引き出さねばならないのである。

 

普段から結婚するって公言しているのでは?というツッコミはちょっと待ってほしい。

「大きくなったら結婚する」と言っているのはいつも私の方なのだ。トモキ君はその横でいつもニコニコした笑顔で、まんざらでもない様子。でも肝心な言葉は聞かせてくれない。あなたっていつもそう。照れくさそうにいつも笑ってるだけ。口を開けばジェットマンジェットマンって!私とジェットマンどっちが大事なの?鳥人戦隊と私どっちが大切なのよ!聞かせてよ!「ジェットマン」じゃなくて「結婚して下さい」という言葉をあなたの口から聞かせてよ・・・!と幼稚園児がヒステリックに問い詰める事ができるはずもなく、クリスマスが終わり年が明け、街はすっかりバレンタインの季節となった。

 

乗るしかない、このビッグウェーブに。

 

プロポーズには相手に「結婚して下さい」と言ってもらえるような雰囲気を作り出す事が先決。それにはこのバレンタインデーが絶好のチャンス。普段現す事のできない気持ちを世の恋する乙女達はチョコレートに託し相手の心を揺さぶる。つまりはチョコレートを渡すことにより、私はあなたが好き、すなわちあなたからいつプロポーズをされても断らないという気持ちが私にはあるのよと示す事ができるビッグチャンスなのである。見てろよジェットマン、もうお前の名前は二度と呼ばせないぜ・・・!

 

「お母さん、勝負チョコ買ってきて!」

打倒ジェットマンに燃え、愛するトモキ君のプロポーズを待つ私は覚えたての「勝負チョコ」という言葉をさっそく使い母親にチョコレートの調達を依頼した。大人である母親の恋愛経験置の高さたるや幼稚園児の私のそれとは比べものにはならない、エベレストと砂場の山くらいの差があるだろう。娘のオーダーにニコニコしている母親はきっとトモキ君に「結婚してください」と言わしめるような完璧な勝負チョコを用意してくれるはずだ。

バレンタイン当日、持たされたチョコは赤いハートがたくさん描かれた袋に金色のリボンが結んである勝負チョコという名に相応しいラッピングが施されていた。それになかなかの大きさ重さ。お母さん、奮発してくれたんだな。

 「トモキ君、はいこれあげる!」幼稚園バスから降り教室へ向かう賑やかさに紛れ、ついにトモキ君に勝負チョコを手渡した。「好きです」なんて言葉はいらない。いつも大きくなったら結婚すると言っていたしいつもトモキ君もまんざらでもない笑顔なのだ。現に勝負チョコを手渡されたトモキ君は目をキラキラさせていて「ありがとう!」と言ってくれた。良かった、ジェットマンって言わなかったぞ。いい感じだ!次にお前は「結婚してください」と言う!さぁ早くッッ!早くプロポーズしろッッ!その時だった。「早くみんな教室に入ってー!!」先生が笛を鳴らし呼び掛けている。その言葉に私もトモキ君も一目散に教室に駆け込んだ。先生の命令に幼稚園児は逆らう事ができない。しかしこの続きはまた後で、きっとトモキ君は私の気持ちに応えてくれるだろう。

 お弁当後の休憩時間、予想通りトモキ君はやってきた。

「あっちへ行こう」と人気の無い階段へ連れていくトモキ君。幼稚園児のくせにクールな誘い込みである。プロポーズきたこれ!さぁ聞かせて。「ジェットマン」でも「鳥人戦隊」でもなく「結婚してください」のその言葉を!

 

「これ、いらない」

 

耳を疑った。え?まだ「ジェットマン」の方が良かったのではないだろうか。まさかの勝負チョコ、返却宣言である。「なんで?チョコレート!あげるよ!今日バレンタインだから!」と言う言葉に被せるかのように「とにかくこれ返す!いらない!」と言い残しトモキ君は走り去っていった。手元には金色のリボンが外された勝負チョコが残されていた。こうして私は訳も分からないままに失恋をした。頬に涙がボロボロと伝い落ちてきた。何が駄目だったんだろう。いつもはあんなにニコニコしていたのに。プロポーズしてくれるんじゃなかったの?それともトモキ君は優しいからいつも私が言う事が本当は嫌だったのかもしれない。愛情を押し付けすぎたこのチョコレートどうしよう。まさか返されたなんてお母さんに言えやしない。もう食べよう。食べてしまおう。チョコレートの甘みで悲しみを紛らわせよう。トモキ君の事も忘れよう。ジェットマンの事も忘れる。そして普通な顔して家に帰って「うまく渡せたよ」ってお母さんに報告するんだ。お母さん、ごめんね。今となってはこのハートがいっぱい描かれた袋もとても虚しいや。泣きながら小さな手で袋からチョコレートを取り出した。

 

相撲だった。

 

なんていうかチョコレートが相撲の形をしていた。立体的だった。しかもめっちゃでかい。

今にも土俵入りしそうな相撲のフォルム。雲竜型かな?筋骨隆々としたフォルムの相撲のチョコレート。その相撲が立つ土台にはデカデカと金色のフォントで「勝利」の二文字。渋い、渋すぎる。勝負チョコの意味が完全に違う。そりゃ返却される。こんなもん幼稚園児が幼稚園児に渡すチョコレートじゃないやろ

世間は若貴ブームに沸いていた。完全にチョコのチョイスが若貴ブームという名のビッグウェーブに乗っていた。波に飲まれた私は初めての失恋をした。この当時の日本で相撲と母親が原因で婚約破棄になったのって私と宮沢りえぐらいしかいないんじゃないだろうか。

 

あれから20数年が経ち、今年のバレンタインは特に予定もないくせに、会社の人に居もしない彼氏と過ごしていると思われたくて見栄で取ってしまった有給をどう過ごそうかと頭を悩ませている。相撲でも見に行こうか。